先輩の一日

photo

技術開発部の1日

技術開発部では、現地下見を行い、設計、現地据付作業、稼働確認作業まで、幅広く着手することが出来ます。それに加えて、新製品の開発、既存製品の見直し等も行っております。自分自身の知識の乏しさを痛感しながらも、日々の業務にやりがいをとても感じております。今という時間を大切にし、その経験をしっかりと活かせるようにこれからも責任を持って業務を全うしていきたいです。

三島 光平

技術開発部 / 2012年入社
工学部 機械創造工学科 卒

機械に自分のタイムカードをかざして打刻。朝は、社員全員でラジオ体操や清掃活動をして、気持ちよく業務に取り掛かれるようにします。

週初めには技術開発部のメンバー全員が集まり、工程会議を行います。各々の仕事の進み具合や出張予定、社内の出来事などを確認し一週間の仕事の段取りを決めていきます。また社内でトラブルが発生した場合、情報の共有を行うこと、そして部内全員で意見を出し合い改善策を話し合うことがとても大切です。

会社の給食を社員の皆と一緒に食べています。
200円という良心的な価格で、栄養バランスの取れた食事ができています。

10分間の休憩時間です。若手社員もたくさんいるので、みんなとコミュニケーションをとります。
仕事以外の会話でリフレッシュし、残りの業務に取り掛かります。

退社後は、家に帰ってTVを見たり、子供と一緒に遊んだりしてます。たまには、お酒を飲んだりして過ごしています。

会社までは、自転車で通勤しています。運動にはちょうどいい距離です。

技術開発部では機械設計と電気設計にメンバーを分けて朝礼を行っています。
連絡事項の通達後、全員で職場の教養を音読し、読み終わりに感想を発表します。

昨年まではコンクリート関係の工場設備の設計を行っていました。今年からは主に特殊な粉体用計量器の設計を行っています。まだ慣れていないこともあり不安もありますが、頼りになる先輩方や上司の手を借りることのできる環境で、安心して仕事に取り掛かれています。
また、既に完成・組立中の図面であっても、生産部の方々からアドバイスを取り入れて修正を行い、少しでも良い図面に仕上げていくことを心がけています。

営業部より製品の仕様変更の連絡が入り、部長、リーダを交えて打合せをしています。
まだ経験が浅いこともあり、難しい問題は上司の方が解決してくださることもあります。
しかし、分からないことは自発的に調べる、質問するなどして知識を身に着け、自分の意見が出せるように努力を続けています。

1日の作業内容を確認し、日報を記入します。翌日の業務がスムーズに行うことができるように段取りを行います。

技術サービス部の1日

技術サービス部の1日

東京事務所へ転勤となり、1年目です。初めは... >>more

生産部の1日

生産部の1日

機械加工というのは、ものづくりをしていく中で... >>more

営業部の1日

営業部の1日

讃光工業は皆様にとっては少し珍しい大型の計量機... >>more

生産部の1日

生産部の1日

「やる気、元気、松本!」をモットーに会社の... >>more