先輩の一日

photo

機械設計職の1日

当社の設計業務は幅広く、現地下見に行き図面を書いて現地据付調整を行い、機械が無事動くことを見届けます。機械ができるまでの1から10まで関わっていきますので多角的視点で一つの製品と向き合うことになります。その経験は自己の技術を向上させる貴重な肥やしになっていると実感しています。無事に製品がお客様のもとで動いているのを見て安心し、責任をもって仕事に取り組んでいこうと気を引き締める日々です。

新本 悠一郎

製造本部 / 入社3年目
工学部機械工学科 卒

出社してまずやることは社内全体でのラジオ体操。しっかり目を覚まし業務に集中出来るようにします。

2DのCADを使用して製品設計を行っていきます。営業担当者からの情報を元に標準製品に変更・追加を行い、お客様の要望に合った製品に仕上げていきます。購買部の在庫状況確認や、ソフト部門との打ち合わせも欠かせません。スムーズに製品が出来ることはコスト面から見ても重要なことです。

1点物の製品を作るため、お客様からの仕様を営業部・プログラム設計・電気設計・生産部などを交えてひとつひとつ確認していきます。この段階でお客様への確認事項、設計における重要事項を確認することでこれからの仕事がやりやすくなります。

部署とは別に当社にはいくつかチームが存在し色々な活動を行っています。私はteam INFOに所属しており、社内広報や社外に向けての情報発信、社内ネットワークの改善など携わっています。今回の会議では次回の広報について話し合いました。

退社後は家に帰って借りてきたDVDを見たり、ギターを爪弾いたりしています。同僚と家が近いので、しばしばお互いの家でお酒を楽しんでいます。まったりと過ごして次の日に備えます。

会社までは車で5分。とても近いですが油断は出来ません。

部署内での朝礼を毎朝行います。それぞれの業務状況、出張予定など確認したり、発生した設計トラブルについて話したりします。マイナスの情報も共有することで同様のミスを未然に防ぐことに繋がっていきます。

社内の食堂でお弁当を食べています(とっても安い!)週に2回はうどんの日があり、さすが香川県だなぁと感じています。

中休みが10分間あるのでここで一息つき、切り替えて残りの業務をこなしていきます。

会社に支援していただき、計量士という資格を取らせて頂きました。その経験を生かし、計量機の成績書をお客様に提出する際には精度等級、使用公差、器差などの情報に間違いがないか確認を行います。計量機メーカーとして正しい情報をお客様に届けることは信頼を得るための第一条件だと考えております。

営業職の一日

営業職の1日

当社は約70年にわたって「はかり」に関わる事業を続けて...>>more

事務職の1日

事務職の1日

社長をはじめ社員の方々の温かな雰囲気と地元香川で業界... >>more